履歴書

事務職への転職を有利に進める資格|数多の中でも簿記が呼び声高い

住む場所と働き口

集合住宅

地方に住んでいる人の中には都会での就職を考えているケースが非常に多いといえるでしょう。ですが、住む場所が不安要素として残るため断念してしまうケースがあります。そのような場合は寮付きの求人を探すのが良い方法です。

もっと詳しく

40歳を超えての再就職

困る男性

40歳や50歳になってくると再就職が難しいといわれていますが、きちんと情報収集をすればそのようなことはありません。中高年を歓迎している仕事をしっかりと把握しておけばスムーズに求人情報を集めることができます。

もっと詳しく

都心部のタクシー運転手

タクシー

電車が主な交通機関として利用される東京で、タクシーは終電後に活用できるとても便利なサービスです。ですが、免許取得者の減少に伴い人手不足の業界なので就職を狙うなら今がチャンスだといえます。

もっと詳しく

実務で役立つ資格取得

様々な職業

人は人生の中で約40年間働くことになります。これは幼稚園から大学院まで通う年数よりも多い期間となるといえるでしょう。1つの仕事をずっと続ける人もいますが、多くの人は社会人期間中に何度か転職を経験することになります。国内では約28000種類もの仕事があり、その中でも人気となっているのが事務職の仕事です。同じオフィスワークのIT系から転職する人や肉体労働から転職する人もいるのが事務職なのです。事務職といっても経理や総務、人事などたくさんの種類が存在するのでどんな仕事に就きたいのか明確化する必要があります。転職活動を有利に進めたいと考える場合は資格を取得しておくのも良い手段です。数ある資格の中でも多くの企業で役立つのが簿記の資格となっており、仕入れや売り上げなど会社の経済活動を記録する場面で有効活用することができます。
簿記と同じくらい知名度が高い資格としては表計算ソフトや文章作成ソフトの資格が挙げられます。このようなソフトはどこの会社にいっても使われているソフトで、使い方もそこまで差がないので1度覚えてしまえばどこでも活用できる汎用性に優れた資格となっています。事務職の中でも医療寄りの仕事に転職を考えている場合は、医療事務の資格を取るのも最適です。上記の資格は専門学校などに通わなくても、スクールや通信講座で取ることができます。事務職への転職で自身のキャリアアップを考えている場合は、先に資格を取得するのもありです。数多の中でも簿記が呼び声高いと言えるでしょう。